身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

司法書士への相談


家や土地の問題

 家や土地は多額のお金が絡む資産ですが、稀に思いもしないようなトラブルが発生する事もあります。

 近年では高齢化社会が一層進み、土地や建物を保有するご老人の方が一層増えましたが、中には物忘れがひどく、土地や建物の権利書をなくしたという方がおります。

 セキュリティーの観点でいえば重大な問題であり、貴重品の管理の仕方を再考しなければならないのですが、実質的には権利書をなくしても、またそれを他人に取られてもそれだけでは悪用することはできません。

 ただ問題なのは、失くしたのが権利書だけでなく「実印・印鑑登録証」なども同時に失くした場合で、事が発覚したら直ちに司法書士に連絡して、役所・法務局・警察などの多方面にしかるべき手続きを行わなければなりません。


TOPページ司法書士の選び方TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト