身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

成年後見業務


該当例一覧

 成年後見における「判断能力が不十分な方」についての具体例をご紹介します。

認知症
知的障害
高齢
寝たきり
その他各種障害による判断能力の低下

 いずれも判断能力の低下が心配されますが、こうした時に起こりやすい問題には、どういった事柄があるのでしょうか。

詐欺や悪徳商法に嵌められて多額の金銭を取られる。
知的障害のある子どもが心配だ。
高齢で近い将来に自分の判断能力が衰えが心配だ。
一人暮らしが難かしくなり、自分に代わりに様々な事柄をして欲しい。
判断能力が低下している家族が持っている資産を処分して、その看病に当てたい。

 こうした問題は早期に解決しておかないと、後々になり大きなトラブルに発展する事がよくあります。いずれも成年後見制度を利用することで解決に向かうことができるので、前向きに検討してみましょう。


TOPページ司法書士の選び方TOP
成年後見業務TOP成年後見業務TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト