身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

成年後見業務


補助人業務

 補助人業務とは、「後見」が判断能力が欠けているのが通常である方に対し、「補助」は判断能力が不十分な方に対して行う後見制度です。

 つまり「補助人」は、後見の程度に至らない軽度の能力欠如の方を対象としており、司法書士は「補助開始申立」の書類を作成するだけでなく「補助人」としての業務も依頼により行います。

補佐人業務

 補佐人業務とは、「後見」が判断能力が欠けているのが通常である方に対し、「補佐」は判断能力が低下した方に対して行う後見制度です。

 「補佐」は、「後見」と「補助」の中間という位置づけで、精神障害により判断能力が著しく不十分な方を対象としています。司法書士は「補佐開始申立」の書類を作成するだけでなく「補佐人」としての業務も依頼により行います。


TOPページ司法書士の選び方TOP
成年後見業務TOP成年後見業務TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト