身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

司法書士の仕事内容


簡易裁判所での訴訟代理

 司法書士は、司法書士法により簡易裁判所での訴訟代理を行うことが認められており、依頼により次のような職務内容を行います。

職務内容
訴訟
民事調停の代理と相談
仲裁事件
裁判外和解の代理と相談

 前述の通り、司法書士が関われる案件は金額が140万円までとされているため、必然的に業務は制限されています。

 この金額を超えない範囲の業務では、次のような事柄を取り扱うことができます。

業務例
債務整理 / 民事再生
特定調停 / 破産申立
相続放棄 限定承認 / 遺産分割調停申立
不在者財産管理人 相続財産管理人 / 賃貸問題
離婚調停申立 / 労働問題
交通事故 / 民事執行
民事保全 / 告訴 告発


TOPページ司法書士の選び方TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト


[PR] 専門学校 美容・調理・栄養/ アルバイト募集/