身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

簡易裁判所での訴訟代理


特定調停

 特定調停とは、借金の返済が不能になる懸念がある債務者に、債権者や保証人など関係者と話し合いを行い、返済条件について内容を軽減させるなどして、債務者が経済的に立ち直れるよう支援する手続の事を指します。

 民事調停法の特例調停のひとつで、司法書士はその間に立ち、依頼を受けた債務者の負担が少しでも軽減するよう働きかけることができます。

破産申立

 先にご紹介した民事再生とは異なり、破産は法人や個人の残った財産を処分し、債権者に配当することを目的とした制度です。

 手続きにより法人は解散して消滅することになり、また個人の場合は債務を免責されることになります。

 司法書士は依頼により、裁判所に提出する「破産開始申立書」を代理で作成する業務を行います。


TOPページ司法書士の選び方TOP
簡易裁判所での訴訟代理TOP簡易裁判所での訴訟代理TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト


[PR] レシピ パスタ・スパゲティー/ 正社員転職/ 痩せる方法/