身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

司法書士の仕事内容


登記事務

 登記事務は、司法書士が行う職務の要となる業務です。

 登記事務は大きく分けて「不動産登記」と「商業登記」に別れます。

 「不動産登記」の場合は不動産の現況や権利関係を公示する事を目的とした登記で、「商業登記」の場合は会社や商人の事項を商業登記簿にする登記となります。

不動産登記
不動産売買 / 不動産相続
担保権設定 / 中間省略登記
不動産信託 / 各種所有権移転
その他登記

商業登記
設立 / 株式
社債 / 新株予約権
計算 / 機関設計
組織再編 / 事業継承
解散 / 清算

その他
債権譲渡登記 / 動産譲渡登記


TOPページ司法書士の選び方TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト