身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

その他登記事務


債権譲渡登記

 債権譲渡登記とは、債権に譲渡があることを公示するために記録される登記で、登記の対象を金銭債権を譲渡した場合などに限定した、民法の特例制度です。

 資金調達の際に便利な制度で、司法書士は譲渡人と譲受人の双方の間に立ち、代理人として登記をサポートします。

動産譲渡登記

 動産譲渡登記とは、動産に譲渡があることを公示するために記録される登記で、登記の対象を動産を譲渡した場合に限定した、民法の特例制度です。

 そもそも民法では、動産の公示は「引渡し」を持って行うとしていますが、それを拡大した。動産を担保戸とした融資を受けることに活用することができ、いわば動産譲渡の担保化を図った制度であるといえます。

 この場合もまた司法書士は譲渡人と譲受人の双方の間に立ち、代理人として登記をサポートします。


TOPページ司法書士の選び方TOP
登記事務TOP登記事務TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト


[PR] ヘアケア/