身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

商業登記事務


解散

 会社は事業の継続を終えることになると、解散の手続きを行わなければなりません。

 会社の財産関係を清算する場合には、登記による公示が必要となり。司法書士は解散という場においても大変重要で、事前に相談して内容をよく詰めておきましょう。

清算

 清算とは、法人を解散させることになった際に、後に残った財産関係を整理清算することを指します。

 清算を行う「清算人」は、「定款で定める」「株主総会で選任」といった方法で選ばれますが、清算人が清算業務を行う前には登記が必要となってきます。

 またこれ以外に「清算人会」による清算手続を行う場合には、定款を定めたり監査役などをおく必要があり、司法書士への相談は欠かすことができません。


TOPページ司法書士の選び方TOP
登記事務TOP登記事務TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト


[PR] 登録販売者資格/ ディズニー画像/