身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

商業登記事務


計算

 会社は次のような場合に資本金を変更することがあります。

株式の交付
吸収合併
吸収分割及び株式交換
準備金や剰余金の減少

 資本金の変更の際には所定の手続きが必要となり、株主総会の特別決議により債権者保護手続をとることで資本金の額を減少することができます。いずれも司法書士に相談してみましょう。

機関設計

 会社法では、株式会社に「株主総会・取締役」が必須とされており、また「取締役会・会計参与・監査役・監査役会・会計監査人・委員会」など必要なものをあわせて「機関」と称しています。

 定款を定めることにより、そのルール範囲内で上記いずれも設置することができます。これにより、個々の会社の実態に合わせた機関設計を選択することが可能になります。機関設計に関しては、まずは司法書士に相談してみましょう。


TOPページ司法書士の選び方TOP
登記事務TOP登記事務TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト


[PR] デコ絵文字/ バストアップ法/