身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

不動産登記事務


不動産信託

 不動産信託とは、土地や建物を不動産投資信託や不動産管理信託などの受託者に管理させ、利益を得る信託です。

 その際には信託の登記を行う必要があり、司法書士はその他にも「権利の保存・設定・移転・変更の登記」なども同時に申請します。

各種所有権移転

 不動産の所有権の移転は様々な理由で行われ、次のような場合にはいずれも所有権移転登記をする事になります。

離婚で財産分与し不動産を受け取る場合
死亡後に不動産を贈与する死因贈与契約をした場合
遺言による遺贈としてを不動産を受け取る場合
不動産を寄付した場合
会社に現物出資として不動産を出した場合
代物弁済として不動産を出した場合


TOPページ司法書士の選び方TOP
登記事務TOP登記事務TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト


[PR] 日光湯元スキー場/ 短期豊胸/ ダイエット/