身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

不動産登記事務


担保権設定

 担保権とは、借金などを行う際に債務の履行を確実化し、万が一債務が滞った場合には回収する権利を確保するためのもので、担保権には「根抵当権・質権・先取特権」などがあります。

 不動産はこの担保権を設定される事が頻繁にあり、司法書士は安全な取引を確保するために、これら担保権の設定の登記がされていないか確認を行います。

中間省略登記

 中間省略登記とは、不動産の所有権が”売主”から”買い手”に売却され、それがまた”第三者”に転売される際に、真ん中の”買い手”を省略する登記の方法です。

 中間省略登記は節税に効果がある方法ですが、これまでこの方法は認められておらず、手続きの合間を縫い慣例的に行われてきたのですが、近年の法改正により「新・中間省略登記」と呼ばれる同様の節税効果がある手法が取れる事となりました。


TOPページ司法書士の選び方TOP
登記事務TOP登記事務TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト


[PR] 求人情報 正社員/ 恋愛占い/ 医療保険比較/