身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

不動産登記事務


不動産売買

 不動産の売買は多額の金銭が絡む大きな取引であるため、その取引に当たっては慎重を期すことが求められます。

 司法書士は売買の場に立会い、代金支払いと登記に関する書類を確認し、代理人として法務局に所有権移転登記の申請を行います。

 またその際には登記簿の内容をよく確認し、不動産に「抵当権」や「差押え」など、取引に支障をきたす事柄が無いかも、しっかりと確認を行います。

不動産相続

 人が死亡した場合には遺産相続が行われます。

 遺産は預貯金だけでなく不動産が含まれる事も多く、不動産の相続を行う際に司法書士は依頼に応じて相続登記を行い、不動産の権利関係明確にします。


TOPページ司法書士の選び方TOP
登記事務TOP登記事務TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト


[PR] ホームヘルパー資格/