身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

司法書士の基礎知識


行政書士との違い

 司法書士と名称がよく似ており、間違われる職業に「行政書士」があります。

 行政書士とは、依頼により官公署に提出する書類を代理作成する仕事で、司法書士の書類を代理作成するという部分では重なるところがあります。

 両者の違いは、書類の性格とその提出先で、司法書士は「法務局・裁判所・検察庁」へ書類を提出するのに対し、行政書士が作成する書類は「官公署」ということになります。

 登記申請や関係書類作成は司法書士の独占業務とされおり、訴状などの裁判所に提出する書類作成もまた同じであるため、これらを行政書士が行う事には認められていません。

 行政書士が行えるのは、「認可申請書類・契約書・内容証明・遺言書」などの書類の作成のみに限られているのです。


TOPページ司法書士の選び方TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト


[PR] エクステ/ 宅建資格/ プロアクティブ/