身近な法律の専門家「司法書士」を活用しましょう。
司法書士の選び方

司法書士の基礎知識


弁護士との違い

 司法書士は、法の専門家という括りでは弁護士と同列に見られますが、行える業務の範囲を見比べるとやはり差があります。

 例えば、借金問題の手続きで例を挙げてみましょう。

 まず司法書士の場合は、金額が140万円を超える事件を取り扱う事ができないため、それを超える借金である場合は、弁護士に依頼する事になります。

 裁判所に申し立てが必要な手続きの場合も、やはり簡易裁判所では140万円まで取り扱いできず、それを超える金額を扱える地方裁判所は、司法書士の範囲外となってしまうのです。

 また、司法書士は借金の清算で「任意整理」を行った場合に、先方との話し合いで不調に終わってしまうと、次には「自己破産・個人再生」といった手続きに入る事になるのですが、その際には改めて弁護士に依頼する必要が出てきます。

 基本的なスタンスとしては、弁護士は依頼により自らの法的判断で動ける一方、司法書士は依頼者の手続を支援することに専念する、という目的部分で違いがあるのです。


TOPページ司法書士の選び方TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
司法書士の選び方・依頼費用・紹介サイト